キャンプ場でWi-Fiインターネットを使うための5つの方法

キャンプ中で大自然の中で過ごしていたとしても、インターネットの存在は欠かせません。インターネットを使ってキャンプ中の楽しい思い出をSNSにアップしたり、ゲームをプレイしたり、オンラインギャンブルを楽しんだりなど、娯楽にとってインターネットは必須となります。しかし、大自然の中のキャンプ場であったり、山奥だとスマートフォンなそが利用できなくなってしまったり、通信状況が安定しないことがしばしばあります。

そこで本記事では、キャンプ中でもインターネットを利用するための5つの方法を紹介します。

Wi-Fi完備の場所を探す

無線 300x240 - キャンプ場でWi-Fiインターネットを使うための5つの方法一番簡単な方法はWi-Fi完備の場所を探すことです。コンビニエンスストアやレストラン、カフェなど、無料でインターネットを提供しているところは多くあります。また、キャンプ場でもWi-Fiを完備しているところがある他、山奥などであれば貸別荘などでWi-Fiを利用することができます。

場所を探さなければいけないという手間はありますが、この方法であれば無料で利用することができるので、今回紹介する方法の中では最も経済的なものとなります。また、事前になにも用意する必要がないので最も簡単です。

モバイルWi-Fiルーターをレンタルする

キャンプ中であってもインターネットを確保する最も簡単な方法は、モバイルWi-Fiルーターをレンタルすることです。モバイルWi-Fiルーターであれば1日500円以下でレンタルすることができるため、気軽に利用することができます。

また、ルーターには複数の端末を接続することができるので、パソコンやスマートフォンなど複数の端末でインターネットが利用できるようになります。

ルーターの受け取り・返却も宅配便なので便利です。

WiMAX2+のLTEオプション

コンピューター 300x198 - キャンプ場でWi-Fiインターネットを使うための5つの方法WiMAX2+には、auのLTE回線を利用した「LTEオプション」というものがあります。これはiMAX2+の電波が入らない場所でも、LTE回線でネットが使えるオプションサービスのことを指します。

auのLTEは全国にあるキャンプ場が提供エリアに入っているので、キャンプ中でも安心してインターネットを利用することができます。

ただし、山奥などすべてのエリアがカバーされているわけではないので、あらかじめ自分が行くエリアを調べておく必要があります。

WiFi-ブースターを使用する

WiFi-ブースターとは、ネットギアがWi-Fiのシグナルを増幅させてインターネットが利用できる範囲を拡大させる装置のことです。重さは100gほどで、5000円未満で購入することができます。

キャンプにも持っていきやすいサイズ感などで、1つ持っておくと大変便利です。

Amped Wirelessを使用する

秋 300x247 - キャンプ場でWi-Fiインターネットを使うための5つの方法Amped Wirelessは、アメリカの無線LAN機器メーカーが販売しているハイパワー無線LANアクセスポイントです。通常常の無線LANルーターでは半径数十メートルほどしかカバーできないですが、このAmped Wirelessを使用した場合、なんと半径2.4kmまで範囲を拡大することができます。また、Amped Wirelessは防水機能がついていることに加えて、屋外にも設置ができるようになっています。

アメリカではキャンプ中に使用している人が多く、キャンパーにとって必須の備品の1つとなっています。