キャンピングカーに泊まる時のコツを紹介

ビーチや国立公園などへの旅行の時に便利なのがキャンピングカーの利用です。ホテルに滞在するよりも安く済ませることができるだけではなく、大自然の中で過ごすことができるため、より印象的な旅行になるはずです。

キャンプをする際には、万全な事前準備は欠かせません。

そこで本記事では、キャンピングカーに宿泊する際のコツや持っていくべきグッズなどを紹介します。

駐車場所の確保

囲まれたトレーラーの横に立っている人 300x200 - キャンピングカーに泊まる時のコツを紹介キャンピングカーに宿泊する際に最初に決めておきたいのが、駐車場所です。大自然の中であってもどこでも駐車できるというわけではありません。そのため、法律違反とならないよう、旅行前に駐車可能な場所を調べておきましょう。 “AllStays”や”Hipcamp”などのアプリを使用すると簡単に駐車可能な場所を調べることができます。場所によっては水道やトイレなどが設置されているキャンピングカー用の駐車場が用意されているところもあります。

しっかり充電をしておく

キャンプの際の充電は欠かせません。キャンプをしている際は、一晩で電気がなくなってしまうことは少なくありません。そのため、ダッシュボードの上にソーラーパネルを設置したり、持ち運びの充電器を常備しておくことは非常に重要です。 

近年ではコンパクトなソーラー充電器なども販売しているので、1つ持っておくといいでしょう。

食料の確保

家族キャンプ 300x234 - キャンピングカーに泊まる時のコツを紹介キャンプに行く際は、食料が十分に用意されているかしっかりと確認しておくようにしましょう。そして、食料が傷んでしまわないよう、冷蔵庫を用意しておくことも大切です。

キャンプ中はハイキングをしたりなど、普段よりも食欲が増すこともあります。そのため、食料は余分に積んでおくと安心です。

また、食料は生ものではなく、パスタやナッツ、シリアルなど乾燥したものを多く持っていくのがおすすめです。こういったものだとすぐに食べることができますし、栄養も摂ることができます。

快適なベッドを用意

快適のキャンプにするには、寝心地のいいベッドは欠かせません。少し荷物にはなってしまいますが、マットレスや枕は快適なものを持っていくようにしましょう。

夜は、車の中であってもテントと同じくらい冷えます。そのため、ブランケットも忘れてはいけません。キャンプ用のコンパクトなものも販売されているので、収納スペースに合わせて選ぶようにしましょう。

映画のダウンロード

夜が暗くなった後のエンターテインメントとしておすすめなのが映画鑑賞です。しかし、キャンプであればWi-Fiはありません。そのため、事前にパソコンやスマートフォンに映画をダウンロードしておくといいでしょう。そうすると、夜も退屈することなくリラックスすることができます。

ラップトップ 300x146 - キャンピングカーに泊まる時のコツを紹介

ハンドランプまたはランタンの用意

大自然の中に滞在する場合、夜は想像以上の暗闇となります。そのため、ハンドランプやランタンを忘れずに持っていくようにしましょう。暖色系のランプを灯すことで、穏やかな空間を創り出すこともできますよ。また、キャンドルを持っていくのもリラックスするのにおすすめです。

衛生グッズの用意

キャンプ中は水を十分に使うことができなかったり、何日もシャワーを浴びることができないこともあります。そのため、ウェットティッシュやアルコールスプレーなど衛生グッズをしっかりと揃えるようにしましょう。また、水がいらないシャンプーやハンドソープはキャンプ中には大変便利です。