【初心者向け】キャンピングカー所有者が知っておくべき10のこと

キャンピングカーは単なる移動手段ではなく、実際に生活をする場所であるため、選ぶ際にはより慎重になる必要があります。また、キャンプをする際には、インターネットの問題が付きまといます。

そこで本記事では、キャンピングカーを賢く、効率的に利用できるよう知っておくべきことを紹介します。

道路 1 300x200 - 【初心者向け】キャンピングカー所有者が知っておくべき10のこと1.キャンピングカーの定義

キャンピングカーは、特殊車両に分類され、ナンバープレートの番号が8ナンバー(百の位が8になっているもの)であることが一般的です。特殊車両と認められ8ナンバーを取得するためには、就寝設備、水道設備、炊事設備を備えていることが条件となります。

つまり、この3つがある車両をキャンピングカーと呼ぶことができます。

2.キャンピングカーの種類

キャンピングカーは、まず自走式キャンピングカーと牽引式キャンピングカーの2つに分かれます。そしてそれぞれ、ベースとなっている車を基準に、5種類以上ものカテゴリーに分かれます。キャンピングカーを購入する際には、まずはそれぞれの違いを理解し、最適なものを選ぶ必要があります。

3.キャンピングカーの価格

キャンピングカーの中でも低価格のものは軽自動車のワゴンやバンをベースにした軽キャンパーと呼ばれるものです。これらであれば、100万円~200万円で購入することができます。一方で大型で多くの設備を備えたキャンピングカーとなると、1000万円を超えるものを多数あります。

4.必要な免許

キャンピングカーには、普通免許で運転できるものと、中型免許が必要になるものに分かれます。これは車両総重量と乗車定員によって規定されています。国内生産の多くのキャンピングカーは普通免許で運転できるため、誰でも運転することができます。

道路上の灰色のバン 300x153 - 【初心者向け】キャンピングカー所有者が知っておくべき10のこと

5.キャンピングカーの設備

キャンピングカーの基本的な設備には、ギャレー、冷蔵庫、ガス調理台、電子レンジ、給水口、ダイニングテーブルなどがあります。これらはキャンピングカーのサイズにもよりますが、一般的なキャンピングカーには装備されています。また、改造してこれらを自分で取り付けることも可能です。

6.電気について

キャンピングカーには、バッテリーが装備されています。そのため、スマートフォンの充電や電化製品など、車内であっても利用することができます。最近ではソーラーパネルを搭載したキャンピングカーも増えており、より気軽に電気を使えるようになってきました。

7.インターネットについて

キャンピングカーで自由にインターネットを使用した場合は、Wi-Fiルーターを使用することが便利です。1日数百円で利用することができ、貸出・返却は郵送ですることができるので、人気を集めています。

8.シャワーやトイレについて

一部の大型のキャンピングカーであれば、シャワーやトイレを備えたものもあります。しかし、シャワーがついている場合は水の使用量が多くなるため、大きな水タンクを取り付ける必要があります。また、排水作業なども丁寧に行わなければいけません。

白いRVトレーラー 300x120 - 【初心者向け】キャンピングカー所有者が知っておくべき10のこと

9.保険について

キャンピングカーには、キャンピングカー専用の車両保険が用意されています。これは通常の車両保険よりも高くなりますが、冷蔵庫や電子レンジなどキャンピングカーに備わっている備品も補償の対象となります。

キャンピングカー専用の保険会社があるので、加入時には審査をしてもらって年間の保険料の見積もりを出してもらうのがいいでしょう。

10.駐車について

キャンピングカーはどこにでも自由に停めることができるわけではありません。キャンピングカーで車内泊をする場合は、 道の駅、オートキャンプ場、高速のサービスエリア、evステーションなどを利用するのが一般的です。

やたらな場所に駐車してしまうと、通報されたり、警察に職務質問をされてしまうこともあるので注意が必要です。