ラスベガスの夢を追うビジネスマン、ビデオゲーム機付きRVの誕生

世の男性たちが夢中になるものとしてあげらることができるは、キャンプなどのアウトドアアクティビティ、そしてなんといってもビデオゲームでしょう。この2つが融合し、キャンプカーの中でも自由にビデオゲームをプレイすることができるようになれば、それはまさに男性にとって夢のような空間となります。

そして、そんな男性の夢を実現してしまった男がラスベガスに存在するのです。そこで本記事では、そんな夢を追ったビジネスマンが、どのようにビデオゲーム機付きRVを生み出したかを紹介します。

マイク・パットンとは

ラスベガスのサイン 300x151 - ラスベガスの夢を追うビジネスマン、ビデオゲーム機付きRVの誕生ビデオゲーム機付きRVの誕生させたのは、ラスベガスに住むゲーム好きの男性です。彼はビデオゲームをしながら育ったため、いつしかゲームに対して大きな夢をいただくようになります。

彼は、1990年、ラスベガスに引っ越した都市に、谷間でビデオゲームを実現させたい、という思いのものビジネスを始めます。

2つの企業との出会い

2000年初期、マイクはOregon-based XbusとVirginia-based GamerBusという2つの会社にで出会います。これらの企業はスクールバスを使用して地方でバースデイパーティーを開催するということを行っていました。

マイクはこれらの企業にどのような車が向いているか、どのように始めたらいいかなど、”谷間でビデオゲーム”を実現するためにアドバイスをもらいます。これがきっかけでインスピレーションを受け、本格的にマイクのプロジェクトがスタートしました。

ビデオゲーム機付きのRVの実現

xBoxコントローラー 300x207 - ラスベガスの夢を追うビジネスマン、ビデオゲーム機付きRVの誕生Oregon-based XbusとVirginia-based GamerBusとの出会いから2年後に、マイクは図書館に改装されたRVが存在するということをインターネットで知ります。そして、RVにビデオゲームを設置するというアイディアに至ったのです。

マイクはこのRVを買い取り、ビデオゲーム機付きのRVへと改装し始めます。そして、本棚をすべて取り除いた代わりに、16台のテレビ、椅子、xbox 360を設置しました。

そして、家族の協力の下5年の月日をかけて、マイクが夢見たビデオゲーム機付きのRVが実現します。

さらに、レーザータグや、等身大のハムスターボールなど、様々なアイテムが追加されてきました。

ビデオゲーム機付きのRVの需要と今後の展望

ゲーマー 300x200 - ラスベガスの夢を追うビジネスマン、ビデオゲーム機付きRVの誕生ビデオゲーム機付きのRVの利用者は5歳の子供から大人まで幅広くいます。ビデオゲーム機付きのRVで利用できるゲームは、パックマンから定番のナムコゲームス、最新作の”Call of Duty”や”Star Wars Battlefront”など多岐に渡り、多くのゲーマーたちを惹きつけました。 

現在では小学生の子供たちに多く利用され、誕生日会などにも使用されています。このようにしてマイクによるビデオゲーム機付きのRVの開発は大成功に終わったのです。

しかし、マイク自身は現在のビデオゲーム機付きのRVに満足してはいません。なぜなら、現在搭載されているXBox 360が最新のものではないからです。今後も次々と新しいビデオゲームが誕生し、より近未来的なものとなっていきます。それに応じて、ビデオゲーム機付きのRVの在り方も変わっていかなければなりません。マイクによる挑戦は、まだまだ続くことでしょう。